自由研究

未分類

【自由研究にも!】小学生男子ママにおすすめ!夏休みの遊び3選

夏休み、毎年どう過ごしていますか?

私はモチベーション上げないと、イライラしてただけ、だらだらしたるだけで終わってしまう性格です。

例年なら帰省や旅行で思い出作りができたけど、今年は何かと制限があってストレスも溜まりやすいですよね。

でもいちいち時間をかけて構ってあげるのは実際難しくて、子供が勝手に夢中になってくれると助かるんだけどなー、というズボラな私が自由研究にも転用できる遊びを3つご紹介します。

【自由研究にも!】身近な植物の発芽を観察しよう!

発芽

最初におすすめしたいのは、植物の発芽実験です。

これは去年長男に提案した自由研究のテーマです。

私がしたことは以下の通り

  • 調理過程で発生した種を「〇〇あるけど植えてみる?」と聞く。
  • 牛乳パックを切って、簡易植木鉢を作ってあげる
  • 「おはよう」に加えて「水あげた?」と聞くようにする
  • たまに一緒に観察して様子を聞く

ポイントは「自分で植えるものを選ぶ」ということ。

長男には内緒ですが、芽が出そうなものはハイテンンションで勧めて密かに誘導しました。

自分で決めたことなので、毎朝責任を持って水やりと観察をすることができました。

種系を発芽させて観察する

メロンの発芽

台所は種の宝庫です。

野菜や果物の種だけでなく、乾物の豆も種の一種です。

写真はメロンの種で、植えて3日ほどで発芽し、2週間ほどでこうなりました。

我が家で実験した結果、発芽しやすいものは以下の通り

  • メロン
  • リンゴ

ここら辺は比較的すぐに発芽しました。

すぐに変化が見られるものは飽きずに観察ができるので長く続けていくのにおすすめです。

楽しみがあるとちゃんと朝起きられるので、生活リズムをキープするのにも一役買ってくれますよ。

我が家では比較のために、芽が出るのに時間がかかりそうな桃やかぼちゃも一緒に植えました。

結果、芽が出たものと出なかったものの比較、という考察もできました。

根菜の葉っぱを観察する

サツマイモの発芽

じゃがいもやニンニクなど、買ってしばらく置いておいたら芽が出ちゃった!ってこと、私はよくやらかしてしまうんですが、長男に見つかると「発芽させるからちょうだい!」と言われます。

今回もうっかり忘れてたサツマイモがら芽が…

見つかって「栽培したい」と言われたので水耕栽培してみることにしました。

やり方は簡単で、ちょうどいい大きさに切って、タッパーなどに水を張ってつけておくだけ。

水はすぐ汚れるので、毎日洗って変えてあげれば、あとは特別なお世話や肥料はいりません。

自由研究に転用するコツは?

自由研究として成立させる方法もご紹介します。

【模造紙+写真でまとめる】

毎日水やりの際にスマホで写真を撮って記録する方法です。

ずぼらなうちの息子でもできた簡単な方法なので、簡単なのにがんばった感を出したい子におすすめ。

  1. 観察期間を決めて毎日水やりと写真撮影を日課にする
  2. 観察期間が終了したら大きな模造紙にまとめる
  3. 絵を描くのが苦手なら、写真をプリントして貼り付ける

【絵日記ノートに毎日記録する】

絵を描くのが苦じゃない子はこれがおすすめ。

毎日ひたすら絵を描いて簡単な文を描くだけで、後々まとめる必要がなく、そのうち完成するお手軽な自由研究です。

これは、種を何種類かを比較するよりも、1種類をしっかり観察するのに向いています。

毎日コツコツ一つのことを続けることは、それだけで自信がつきますよね。

学用品チェックを兼ねたピタゴラスイッチを作ろう!

ピタゴラスイッチ

次におすすめしたいのは、学用品チェックを兼ねたピタゴラスイッチです。

絵具に文房具、ピアニカやノートなど、夏休みの間に学用品のチェックはしておきたいですよね。

ただこれ、ずぼらな私としては結構面倒で適当にやりがちなんです。

でいざ新学期になって「あ。」なんてことも何度かやらかしています。

なので学用品チェックに遊びをプラスしてみました。

今回のチェックでは、

  • 長男が絵具を洗っていなかった
  • 2人とも色鉛筆が揃ってなかった、削ってなかった
  • ピアニカをついでに洗った

とまあ、他にも見落としちな細かいチェックもできましたし、一度荷物を出して元に戻すので整理整頓にもなりました。

そして毎回めんどくさがってイヤイヤやるのに、今回は全部親子で楽しんでやることができました。

【自由研究に転用させるコツは?】

移動はできないため立体のまま提出するのは難しいですね。

簡単なのは何枚か写真をとって模造紙にまとめる方法です。

工夫した所やボールの動きが面白かった所などを細かく解説するとボリュームが出て研究っぽさが出ます。

解説が難しく、文字数がなんとなく寂しいな、と感じたら、各コーナーに個性的な名前をつけてみるのもユニークですね。

昆虫好きにはこれ!セミの脱皮を観察しよう!

セミの脱皮

最後におすすめしたいのはセミの脱皮の観察です。

夏といえばセミ!

セミの脱皮って見たことありますか?

私、お恥ずかしながら見たことなくて、私が見て見たいがために今回は子供を巻き込むことにしました。

セミの幼虫の捕まえ方

セミの抜け殻は見たことがあっても、セミの幼虫って今まで見たことありませんでした。

理由は簡単で、幼虫が出て来る時間と場所が限定的だから。

セミは暗くなり始める夕方6時頃から地上に移動し始め、日が沈んで暗くなってから脱皮が始まります。

場所は、木がたくさんあってセミがたくさん鳴いている公園など、せみの抜け殻がたくさんある所に幼虫もたくさんいます。

幼虫は飛んだり鳴いたり暴れたりしませんので簡単に捕まえられます。

まとめると、夕方6時過ぎから暗くなるまでの時間帯に、抜け殻のたくさんある場所を探し、抵抗がなければ手で優しく捕まえればOKです。

脱皮は成功率が100%ではないので、可能ならば数匹持ち帰ることをお勧めします。

また、時間に余裕があるのなら、持ち帰らずに観察だけするのもいいでしょう。

脱皮の現場に遭遇するには、しっかり暗くなる20時頃が狙い目です。

セミの幼虫の脱皮のさせ方

セミの幼虫が脱皮するためには、暗くなくてないけませんし、どこかにつかまっていなければいけません。

この条件におすすめなのが網戸です。もしも遮光カーテンなどがあれば、網戸に捕まらせた状態でカーテンを使って部屋の照明が当たらないように暗くして観察してみましょう。

しばらくすると動くのをやめて少しずつ脱皮が始まります。

参考までに、どんなものか見てみたい人は動画で予習しておくといいでしょう。

脱皮したてのセミって、白くてほんと綺麗ですよね。

セミの脱皮の仕方

では、セミの脱皮の仕方を順を追って解説します。

  1. 背中が破れて出てくる
  2. 背中→頭→お腹の順に出てくる
  3. お腹が出てくるタイミングで逆さまになる
  4. 腹筋(?)を使って抜け殻に捕まる
  5. 縮まった羽を伸ばす
  6. 色が白→緑→茶色に変わる

2のあたりで捕まっているのが辛くなって落下する幼虫が多数いました。

一度落下すると、捕まらせてあげようとしてももう体力がないようで、残念ながら落下後に脱皮はできません。

そして、自然界で脱皮を失敗した幼虫は鳥などの天敵に食べられるため、私たちがセミの幼虫を目にすることはないのです。

自由研究に転用するには?

セミの脱皮自体がレア体験だと思いますので、単純に時間経過とともに変化を観察して記録するだけで立派な自由研究になるのではないでしょうか。

絵が得意ならスケッチしながら解説を入れてもいいですし、苦手なら写真を入れたり、文章だけでも細部まで観察や考察したり、簡単な感想も交えれば、立派な自由研究ができるでしょう。

自由研究のコツとは?

勉強する子供

自由研究のコツは、子供自身のやる気を引き出すこと!

ってそれが簡単ならこんなに苦労しませんよね。

大人もそうですが、自分たちで思いついたテーマに関しては自主的に取り組めるため、比較的やる気が出やすいのです。

良かれと思って親が提案したネタを押し付けると、途中で投げやりになったり、手伝いすぎて8割くらいママの作品、なんてことになっていませんか?

親から提案するのであれば、上手に「自分が思いついた」と勘違いさせるのがいいですよ。

逆に自由研究がどうしても苦手なお子さんもいますよね。

「具体的な指示のない自由な課題」が向いていないと感じたら、無理に学びに結びつけなくても、ノルマという考え方をするのも私はありだと思います。

世の中にはノルマをこなさないといけないこともあるんだよ、という勉強になれば、それも立派な学びのひとつです。

その場合は、お子さんが簡単にこなせそうなものをいくつか提案してあげるのもいいと思います。

自由研究なので、がんばるかがんばらないかも自由です。

まとめ

夏休みは子供にとって長いようで短いものです。

今年はコロナの影響で、なかなか遠出もできないので、身近なもので思い出に残るような遊びを工夫しいたいですね。

忙しくて子供と遊ぶ暇なんて、という人も、一日だけ子供と一緒に無邪気に遊んでみるのもいい思い出になりますよ。

子供でいてくれるのは今だけ、無理のない範囲で、子供と一緒の遊びを楽しめるといいですね。

-未分類

© 2020 全力女子力 Powered by AFFINGER5