防音対策

インテリアのこと

【サンシンフォニー口コミ】マンション階下の足音対策はまずコレで!

大規模マンションに引っ越して1ヶ月くらい経ったある日、階下にお住まいの方からピンポンが。

「引っ越してきた日からずっと足音が気になっているのでなんとかしてもらえませんか?」と。

そういえば足音なんて気にせずドタバタさせてたわ。

なんなら私も気にせず生活していたような。

えみぃ

後ろめたい気持ちで調べに調べて、防音性に優れた絨毯「サンシンフォニー」を敷くことにしました。

その後2度目の「なんとかなりませんか?」はなく、7年経過しました。

階下への足音が気になっている方にぜひお勧めしたい絨毯です。

【サンシンフォニー口コミ】絨毯で足音対策できるの?

絨毯は防音性能が数値化されているのはご存知でしょうか?

絨毯には遮音等級という数値があり、サンシンフォニーは絨毯では最高級のLL35!

そろそろポリエチレンのパズルマットから卒業したいな、とお考えの人ならサンシンフォニー一択です。

 

 

サンシンフォニーの特徴

裏面にはポリウレタン樹脂が使用されていて、通常の絨毯と比べてふわふわした感覚が衝撃を吸収してくれます。

ポリウレタン樹脂は衝撃吸収だけでなく断熱性もあるので、冬になんとなく過ごしやすいのも嬉しい特徴です。

裏面は吸着性があるので、敷いて馴染めばズレることはありません。

カラーは3色展開です。

  • オフホワイト
  • 黄色っぽいベージュ
  • グレー

全部無難な色なので、インテリアの邪魔になりません。

サンシンフォニーおすすめの敷き方

おすすめおすすめ

我が家がサンシンフォニーを敷いて後悔したことは、リビングとダイニングに地続きに敷いてしまったことです。

4mくらいを1枚の絨毯で敷き詰めてしまったため、簡単に買い替えができなくなってしまいました。

できるだけ小分けに敷くのがおすすめ

ダイニング部分は食べこぼしですぐに汚くなりました。

ダイニング側だけ絨毯をはがし、ビニールの汚れ防止シートを敷きたかったのですが、はがすとなるとリビング側も一緒にはがさなくてはいけません。

無理やり絨毯の上にダイニング用のビニール製のシートを敷いていましたが、絨毯自体が柔らかくてビニールシートがよくずれるんです。

大掛かりすぎて、剥がしたいと思ってから5年ほど悩む結果になってしまいました。

サンシンフォニーは丸洗いできませんので、我が家の場合はリビングとダイニングを2枚に分けて敷くべきでした。

家具の下に敷くべきではない

サンシンフォニーは裏面がウレタン素材なのでふわふわしています。

薄くて背の高い壁面用の棚を壁一面に設置しようとしたら業者の方に

「この絨毯の上は不安定になるから棚の設置をおすすめしない」

と忠告されました。

でも簡単に剥がせず、実際に設置してもらうと本当に棚がぐらぐらでした。

持って帰ってもらうわけにもいかず、応急処置として棚の下に何回も折りたたんだ新聞紙をかまして無理に設置してもらいました。

天井との間に転倒防止用の突っ張って固定する器具を取り付け、定期的にメンテナンスしながらなんとか使えていましたが、本来であれば家具の下はサンシンフォニーを敷くべきではありません。

【サンシンフォニー口コミ】メリット

Good

メリットはなんといってもふわふわした感触です。

お客さんが来ると、ふわふわすぎていつもびっくりされるほどです。

メリット①防音効果

1番のメリットは防音効果です。

実際に階下に行って確かめたわけではないのですが、足音は見違えて軽減されました。

他にもこんなことが気にならなくなります。

  • 椅子を引く音
  • スプーンなど硬いものを落とした音
  • ピアノの音
商品ページによるとピアノの下に敷くといいらしいで。ピアノ弾かんから知らんけど。
えみぃ

メリット②クッション効果

サンシンフォニーはふわふわしているので、転んだ時などの衝撃も吸収してくれます。

適度に弾力があるので、歩きやすさにも定評があります。

  • 赤ちゃんの転倒防止
  • ご老人の転倒リスクも軽減
  • ペットも快適

引っ越してきた当時次男が1歳だったので、このふわふわに何度も助けられています。

小型犬など、フローリングだと滑ってしまいがちですが、サンシンフォニーならわんちゃんの足にもやさしですね。

メリット③吸着効果

サンシンフォニーの裏面はウレタン樹脂なので、フローリングにしっかり吸着してずれません。

しばらく敷いておくと剥がすときに力がいるほどしっかりくっついています。

吸着でくっついているだけなので、粘着物がくっついて取れないなどの嫌な感じもしません。

メリット④他の絨毯とさほど値段が変わらない

サンシンフォニーは高機能ですが、案外お手頃価格何です。

販売店により価格は違いますが、6畳で30,000程度のお値段で購入できます。

これなら例えば子供がある程度大きくなるまでの期間限定で敷くのもアリなのではないでしょうか。

【サンシンフォニー口コミ】デメリット

Bad

サンシンフォニーは残念ながら丸洗できません。

ネットを見ていると絨毯をお風呂場で洗って数日かけて乾かしている人もいるようですが、サンシンフォニーは裏面が分厚いウレタン樹脂なので通気性が悪く、洗うと2度と乾かない雰囲気です。

デメリット①汚れたときに困る

サンシンフォニーの最大の弱点は、直接洗えないこと。

小さいお子様の足音対策でサンシンフォニーを検討する人が多いと思いますが、子供が小さいと汚すのもあっという間なんですよね。

汚れそうなゾーンとそうでもないゾーンは2枚に分けて敷くことをおすすめします。

万が一取り返しのつかない汚れがついてしまったときに、簡単に買い変えできるようにしておけば安心ですね。

洗えない代わりにお手入れする方法をこの後解説します。

デメリット②アトピー体質には厳しい

サンシンフォニーに限らず、アトピー体質の子供にとって絨毯は強敵です。

我が家も次男がアトピー体質で、小児科の先生にも絨毯を止めるように勧められたのですが、絨毯をやめれば引っ越ししなくてはならないと考えていたので我慢しました。

できる対策といえばこんなこと

  • 掃除機を念入りにかける
  • 絨毯の上にちょっとしたマットを敷いて過ごす
  • ダニ対策グッズを導入する

こちらは絨毯とフローリングの間にはさんで、ダニを誘引するシートです。

3ヶ月間使えるので、しょっちゅう変える手間もなく簡単です。

日本アレルギー協会も推奨しているものなので、効果は期待できるのではないでしょうか。

えみぃ
絨毯とは関係ないけど、洗濯の洗剤を界面活性剤ないやつに変えんのも大事!

デメリット③ウレタン樹脂は劣化する

こちらは6〜7年ほど子供部屋にしいているサンシンフォニーの裏面の劣化具合です。

左》入り口付近

右》ほとんど踏まない部屋の隅っこ

生活の主となるリビングでは、同線となる通り道が3〜4年ほど経ったくらいで劣化してきました。

裏面なので気にならないのですが、たまに足が当たってめくれるようになりました。

我が家では、家族が揃うリビングだと5年くらいがサンシンフォニーの寿命でした。

子供部屋ではほとんど劣化せず、食事をしないのでほとんど汚れることなく、7年たった今もドアの部分以外は劣化していません。

場所によって寿命はずいぶん変わってくるようです。

サンシンフォニーはどうやって洗うの?

掃除機

メーカーによるメンテナンス方法は3種類。

  • 掃除機を丁寧にかける
  • 拭き掃除(月1回)
  • カーペットシャンプー

詳しくはこちらをご覧ください。

我が家の掃除の方法は2種類です。

【ジュースなどをこぼした時】

丸洗いはまずできないので、飲み物をこぼすなどで汚してしまった場合はタオルで汚れを吸い取るのが基本です。

我が家ではこんなグッズを用意しています。

  • 縦に半分に折ってくるくる巻いたタオル(雑巾として使います)
  • 掃除用の柄のないブラシ
  • 洗剤を500倍の水で薄めたスプレー
  • 水のスプレー

この掃除セットの使い方はこうです。

  1. こぼした液体をタオルで叩いてできるだけ水を吸い取る
  2. 500倍程度に薄めた洗濯用洗剤をスプレーで吹き付ける
  3. タオルで叩いて洗剤と汚れをできるだけ吸い取る
    ※汚れがスッキリするまで繰り返し
  4. 水を吹き付け、タオルでたたいて汚れを拭き取る(すすぎ)
    ※洗剤がなくなるまで繰り返し
  5. ドライヤーで乾かす

タオルは常に乾いた部分を使いたいので、使い古しを数本くるくる巻いてストックしていました。

叩くときにはブラシを使うと繊維の間までタオルを押し付けることができ、効率的です。

【なんとなく匂いや汚れが気になったら】

少し時間が必要ですが、たまに重曹で汚れをリセットするとスッキリします。

  1. 重曹を全体に振りかける
  2. 絨毯に擦り付ける
  3. 一晩ほど放っておく
  4. 掃除機で吸い取る

といった手順で掃除をします。

重曹を振り撒いて掃除機をかけるまでは部屋に入れないので、家族がいない日が狙い目です。

【サンシンフォニー】いい口コミが多いのは?

いざ買おうと思っても取り扱っているお店がたくさんあるんですよね。

私がおすすめしたいお店はお部屋の大将です。

評価の高い口コミが多い理由はこんなこと。

  • 好きなサイズにカットしてくれる
  • カットした縁を好きな色の糸(全10色)でかがってくれる
  • 自動見積もりで価格がわかりやすい
  • 無料サンプルがもらえる

カットはしてくれるけど縁かがりまでやってくれるお店があまりないんです。

小さいサイズにもカットしてくれるので、ピアノの下に敷きたい人に特に人気のあるお店です。

まとめ

カンガバックの絨毯サンシンフォニーは裏面が分厚いウレタン樹脂になっているため、ふわふわした素材で足音や家具の移動などの音を軽減してくれます。

フローリングと比べると、メリットデメリットは以下の通り。

メリットデメリット
サンシンフォニー衝撃を吸収してくれる
階下への足音などが軽減される
滑りにくい
お手入れが大変
丸洗ができない
アレルギーっ子には向かない
フローリング掃除が簡単
傷がつくと修復が困難
赤ちゃんやペットは歩きにくい

デメリットも多いサンシンフォニーですが、階下への生活音が気になるならデメリット以上のメリットがあります。

サンシンフォニーは裏側のウレタンが劣化するため5年前後が寿命ですが、汚れや模様替えなどで敷きかえることを考えて、リビングとダイニングを2枚に分けて敷くなど、小分けで敷くのがおすすめです。

階下の方からご注意をいただくとお互いに気にし過ぎてしまうので、対策は早めにして置くのがおすすめです。

気になる方は無料サンプルを取り寄せて、実際に踏んで見ることをお勧めします。

自分のご褒美に、キレイな腕時計を。

ALTOのPURELOVEはベルトの付け替えがワンタッチでできちゃう画期的な腕時計。

その日の気分やファッションに合わせて楽しめるので、袖が短くなるこれからの季節に気分を上げてくれます。

-インテリアのこと
-, , , ,

© 2021 全力主婦力 Powered by AFFINGER5