MENU
マスク時代に目元のケアは必須!

【腱鞘炎が予防できるマウス】画期的な形のエルゴノミクスマウスとは

お家で副業を始めてからマウスの作業が増えたのですが、頑張れるのせいぜい2時間が限界なんですよね。

マウスで作業をしていると手が疲れるのは、実は手首がねじれているからなんです。

ねじれた状態でずっとマウスを握ってカチカチやっていると、変なところに力が入って疲れてしまいます。

マウスってそういうものでは?と思っていたら、手首をねじらなくていいマウスに出会いました。

その名は「エルゴノミクスマウス」

手首が疲れてぶんぶんしながら作業するの、もうやめませんか?

エルゴノミクスマウスの特徴を解説しつつ、おすすめ品5つをご紹介します。

目次

マウスの作業で腱鞘炎になるのはなぜ?

両手

マウスの作業が長時間になると、すごく手が疲れるんですよね。

手を使って作業しているんだから、そりゃ疲れて当たり前でしょ?と思っていたんですが、原因は手首の角度でした!

マウスは手首をねじってマウスを握っているから疲れる

マウスを握るとき、実は手首をねじって持っているのです。

椅子に座って肘を曲げた状態でテーブルに右手を置くと、手のひらが左を向きます。

えみぃ

握手するときを思い出すとわかりやすいな。

本来は手のひらは体側に向くのが自然な姿勢なので、手のひらを下に向けた状態のマウスでの作業はてくびをねじっていることになります。

ねじった状態で作業をし続けるわけですから、疲れて当然ですよね。

無理をしすぎると腱鞘炎になりかねません。

【腱鞘炎とは】

腱鞘炎は手を酷使しすぎることにより手や指の関節を痛める症状。
痛みや腫れ、しびれを伴うことがあり、症状が長続きするため厄介です。

腱鞘炎の予防ができるエルゴノミクスマウスとは?

腱鞘炎になると仕事や作業が滞るだけでなく、場合によっては通院や治療が必要になります。

そこで考えられたのが持つときに手首をねじらなくていい形状の「エルゴノミクスマウス」です。

手のひらを下向きではなく体側に向けた状態で操作ができるので、作業での手首の負担が軽減されます。

おすすめのエルゴノミクスマウス5選

マウスを見つめる猫

手首の負担が軽減できるエルゴノミクスマウス、私のおすすめ品を5つご紹介します。

※価格は2021年11月時点のAmazonの情報を参考にしています。

ぺリックス【PERIMICE-718-R】

税込価格¥2,499−
サイズ119×87×64(mm)
101g
電源単4×2本
カラーレッド×ブラック
展開・ワイヤレス
・ワイヤード(¥2,299−)
サイズ展開S〜Lまで5種
傾斜角度不明

ドイツのメーカーペリックスのマウスです。

ぺリックスはほかにも個性的な形のマウスや湾曲したキーボードなど、使いやすさを重視したデザインの機器がたくさん発売されています。

えみぃ

パソコン周りのもんいい感じにするのが得意な会社やな。

おすすめポイント
  • ボタン5つにプログラミング可能
  • 5サイズ展開で手の小さい女性でも手の大きい男性でも自分サイズが見つけやすい

ロジクール【ワイヤレスマウス】

価格¥9,209-
サイズW7.9 x H7.85 x D12 cm
重量:135 g
電源USB−C充電
カラーブラック
展開
傾斜角度57度
ロジクール公式サイト

私がエルゴノミクスマウスを知ったきっかけになったのがこのマウスです。

店頭で「変な形!」と思って手に取った時のフィット感が、もうなんとも言えずでした!

えみぃ

お店で握ったら一人で「うわっ!」言うてもうたわ。

他のエルゴノミクスマウスと比較しても握りやすさが格段に違って、マウスの平均的なお値段と比べるとあり得ない値段なのに売り切れていました。

おすすめポイント
  • 複数パソコンに使用可能
  • 高速充電

こちらの商品は専用のケースも販売されていますので、持ち歩く人は一緒に購入しておきたいですね。

コードも一緒に入れられるロジクールワイヤレスマウス対応ハードディスクバッグ(large)

コンパクトに持ち運べる ロジクールワイヤレスマウス対応ハードディスクバッグ (small)

※いずれもAmazonにて¥999-

Digio【手首に優しいエルゴノミクスマウス】

価格¥2,980-
サイズW89×D103×H69mm
約100g(電池は含まず)
電源単3×1本
カラー・ブラック
・ホワイト
展開2色
傾斜角度51度
ナカバヤシ公式サイト

エルゴノミクスマウスはまだ歴史が浅くて、黒くて地味なものがほとんどなんです。

こちらのナカバヤシのエルゴノミクスマウスは珍しくホワイトも扱っていてきになりました。

見た目も重視したい人にはうってつけなのではないでしょうか。

おすすめポイント
  • リーズナブルでも使いやすい
  • 静音設計

DELUX ワイレスマウス エルゴノミクスデザイン 縦型

価格¥7,988-
サイズW‎16.2 x D9.4 x H8.8 cm
重量 250 g
電源USB充電式
カラーブラック
※6色のライト内臓
展開
傾斜角度垂直
 ※2022年1月3日まで使える599円オフクーポンあり

ゲーミングマウスとして有名なのがDELUXで、エルゴノミクスマウスもたくさん発売されています。

そんな中でDELUXの一番最新のエルゴノミクスマウスが斬新な形状のこちらです。

おすすめポイント
  • ワイヤレス2.4HGzとBlueToothで3台まで切り替え可能
  • ハニカム構造で通気性のいい取り替えカバーも同梱
  • マグネットのリストレストは着脱可能

Anker【2.4Gワイヤレスマウス】

価格¥2,390−
サイズ‎W10.11 x D8.2 x H8 cm
重量 95.25 g
電源単4×2本
(約6か月使用可能)
カラーブラック
展開
傾斜角度不明
Anker公式サイト

リーズナブルにエルゴノミクスマウスを試してみたい人におすすめなのがAnkerのこちらのマウスです。

シンプルなデザインでエルゴノミクスマウスの中では比較的コンパクトなデザインです。

おすすめポイント
  • Amazonのレビュー3万件越え
  • エルゴノミクスマウスの中ではリーズナブル

私が選んだエルゴノミクスマウス

エルゴノミクスマウス

私が選んだのがこちらです。

パソコンが白なので、どうしてもマウスも白にしたかったんです。

約1万円のロジクールと握り比べたらやっぱりロジクールは捨てがたい!と感じたのですが、このマウスも握ってみたら悪くなかったのが決め手でした。

購入して1週間経ちますが、今のところ何の問題もなく使えています。

エルゴノミクスマウスのメリット・デメリット

メリットデメリット

ここまでべた褒めしてきましたが、いいところもたくさんあるもののデメリットもたくさんあります。

普通のマウスと比べて高価なので、買う前に特徴を把握しておきましょう。

エルゴノミクスマウスのメリット

エルゴノミクスマウスのメリットは、手が疲れないことです。

私は毎日マウスとショートカットで2時間ほどお仕事をしていますが、これに変えてからは2時間で疲れることはなくなりました。

えみぃ

今までは何回も手ぶんぶんしながら作業しててん。

マウスでの作業が多い人にはほんとにおすすめのマウスです。

エルゴノミクスマウスのデメリット

エルゴノミクスマウスのデメリットは3つあります。

【エルゴノミクスマウスのデメリット】

・かさばる
・デザインが選べない
・左手用が少ない

薄くてかわいいマウスはたくさん出てるんですよね。

試しに家にあるマウスを並べてみました。

マウス比較
左から:一般的なマウス→エルゴノミクスマウス→薄型マウス

かさばっているのは一目瞭然ですよね。

ごつくてほぼ黒しかないマウス、持ちやすくても一瞬購入を渋りました。

左手用があまり流通していないのもデメリットですね。

あとは、右利きでも握りやすくても合わない人はいるようです。

たくさんいいレビューを見ましたが、中にはこんなレビューも見かけました。

Amazonの
レビュー抜粋

小指側の手首のほねのところが内出血した!

接地面が小さいから?

内出血が治ってからまた使ったけどやっぱり同じ症状がでました。

私には合いません
Amazonのレビュー抜粋

縦スクロールがしいにくい!

確かに握りやすいけど、私の仕事には使えなかった!

握りやすいけど

私はすごく使いやすいマウスだと思ったのですが、どうやら万能ではないようです。

かぶせ持ちしにくいといった声も上がっているようなので、使いやすいかどうかは使ってみないと何とも言えない、というのがレビューのまとめです。

合わない人のは合わない、ということを分かった上での購入をおすすめします。

エルゴノミクスマウスをおすすめしたいのはこんな人

私がエルゴノミクスマウスを実際に使ってみて、おすすめしたいのはこんな人。

・マウスにデザイン性を求めない、または黒が好きな人
・持ち歩く予定がなく、かさばっても差し支えない人
・右利き、または両利きの人
・すごく長時間マウスを使う人

エルゴノミクスマウスは私としてはすごくおすすめですが、本当に使いやすいかどうかは数時間使ってみないとわかりません。

かさばるデザインでメルカリでの出品もちょっと面倒なので、マウスには予算を惜しまない人におすすめしたいのがエルゴノミクスマウスです。

最後に~マウスの作業にストレスがある人におすすめ!

エルゴノミクスマウスは人間工学に基づいたデザインで持った時に手首がねじれないため、腱鞘炎になりにくいのがメリットです。

握りやすく使いやすいですが、人によっては使いにくいと感じることもあるようです。

まだ歴史の浅いマウスなので左利き用がなかなか見つからなかったり、おしゃれなデザインがなかったりと選択肢は少ないですが、マウスを数年で使いつぶすほど酷使している人にはちょうどいいのかもしれません。

マウスの作業にストレスを感じている人はぜひ一度お試しください。

emicomb
主婦でママ。ずぼらでも料理・家事が得意。お裁縫・DIY・おうちパンなど作るの大好き。収納・100均・ネイル・プチプラ美容が得意。関東に住む関西人。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる