MENU
マスク時代に目元のケアは必須!

Umimileソープディスペンサーを半年使ったのでレビューしてみた

Amazonでバカ売れしているUmimileというメーカーのソープディスペンサーはご存知ですか?

ソープディスペンサーは水回りで使うものなので故障も多く、次々買い替えるような安価なものではありません。

すぐに故障するような機器は避けて使い心地の良いものを選びたいですよね。

ストレスなく毎日使えるものを探している人に向けて、半年使ってみて良いところと悪いとことをまとめました。

目次

Umimileソープディスペンサーを買ったきっかけ

手を洗う方法はたくさんあって、ソープディスペンサーにしてもいろんなメーカーから出ています。

私がUmimileのソープディスペンサーにたどり着いたのは3つの理由からです。

ミューズが壊れたから

ソープディスペンサーといえばミューズノータッチ泡ハンドソープが1番有名で人気のある商品なのではないでしょうか。

私も長年ミューズを使っていました。

コロナ禍の中長年使っていたミューズの本体が故障してしまい、寿命かと思い買い換えたのですが、買い換えた商品が不良品でした。

交換をお願いしたら送られてきたものも不良品で、電話が繋がらなさすぎて仕方なくもう一つ薬局で購入したらまた不良品でした。

100均で買い物をしているんじゃないんだから、これ以上不良品に当たるのはしんどい。

そう考えてミューズは諦めることにしました。

固形石鹸も液体ソープもちゃんと洗えていないから

ハンドソープが品薄になっていたのもあり、固形石鹸でもいいんじゃないかと導入してみました。

大人としてはほんの少し面倒なくらいで特に問題なく手洗いできていたのですが、せっかちな子供には固形石鹸がまどろっこしかったらしく、手がちゃんと洗えていませんでした。

液体のプッシュ式にしたところで泡が立つ前に流してしまうので、手がキレイになっているのかは不安が残るところです。

アマゾンでやたら売れていたから

やっぱり泡で出てくるものがいい。

そう思ってAmazonで探し始めました。

どの機器も賛否両論で不安が残るところでしたが、三台連続故障したミューズに比べれば率が低いのでは?と考え、その時1番レビューが良かったUmimileのソープディスペンサーを購入しました。

Umimileソープディスペンサーを選んだ理由

レビューがいいからというのが最初に気になったきっかけですが、調べれば調べるほど魅力がわかりました。

見た目がかっこいい

まずはシンプルなデザインに惹かれました。

自分の家の洗面台に置いてしっくりくるかは何よりも大事なのではないでしょうか。

背が高いと思っていたのですが、ミューズノータッチ泡ハンドソープのカートリッジを装填したサイズとさほど変わりません。

サイズ感といい、主張しすぎない色といい、シンプルなデザインといい、とにかく置いていてお気に入りになる見た目なんです。

えみぃ

半年経ってんのにいまだに「あんた可愛いわ」って思って見惚れてまう。

どんなソープでも充填可能

ハンドソープメーカーが出している機器でありがちなのが「専用ソープを詰め替えてください」という表示。

ミューズノータッチ泡ハンドソープに至っては少し値の張るカートリッジを毎回買わなくてはいけません。

コロナ禍でハンドソープが品薄になった時はミューズのカートリッジを売っている薬局なんてありませんでした。

詰め替えの手間が省けてすごく楽なのですが、コスパを考えると劣ってしまいます。

Umimileのソープディスペンサーはメーカーに関係なく使えるだけではなく、泡タイプでも液タイプでも使えます。

えみぃ

え?液体のやつまで泡にしてくれんの?ええの?

今まで液タイプのものを愛用していた人や、メーカーにこだわらずその時に安いもの買ってる人にも使いやすい機器なのではないでしょうか。

設定が2段階で選べる

Umimileのソープディスペンサーは出てくる量を2段階に調整できます。

買う前はこの機能の必要性がわからなかったのですが、使ってみてありがたみを実感しました。

えみぃ

メーカーで泡立ち具合も違うやん、出てきて欲しい量も違うからうれしい!

「なんとなく泡立たないから2回出す」

と言った手間が省けたので気軽に充填する中身のメーカーを変えることができます。

Umimileソープディスペンサーのデメリット

ここまではいい事ばかり書きましたが、もちろんデメリットもあります。

今まで使ってみて気づいた欠点についても挙げておきます。

合わないメーカーがある

メーカーによっては泡が全然出てこないことがあるんです。

私が試してみたのは「キレイキレイ泡ハンドソープ」の中身を限界まで入れたら泡で出てこなくなりました。

毎回液で出てくるか、機嫌の悪い時は何も出てきませんでした。

半分くらいに減ったところでやっと泡が出始めたので、もしかすると詰め方が良くなかったのかもしれませんし、たまたま調子が悪かったのかもしれません。

ボトルが透明なのでソープの色が丸見えになる

下半分のボトルに液を充填して使用するのですが、半透明なので中身の液の色が見えます。

色は3色あって、ピンクか水色にしておけば中身の色に関係なく使えたのですが、白い洗面所に白いソープディスペンサーが欲しかったんです。

ですが中身の液体の色によっては、雰囲気が台無しになるので注意が必要です。

えみぃ

透明と思って買った液体ソープが赤チン色やったからしょんぼり中。

洗い心地は良いのですが、とても残念な見た目になってしまいました。

デザインを生かすには液が透明、もしくは白のものを選ぶ必要があります。

中身によっては液垂れする

困ったことによく液垂れします。

これもメーカーによるのかもしれませんが、今使っているものは色が濃ゆい分余計に液垂れが気になっています。

洗面所で使えば水でそのうち流す場所なのでさほど困ることではありません。

えみぃ

このポタポタ見っけたら洗面台掃除してるねん。
もったいないお化けでるのいややん。

液体を目立たない色にして気にしないようにするのが良いかと思います。

Umimileソープディスペンサー2021年版が発売

Umimileソープディスペンサーを気に入りすぎて記事にまとめよう、と思って調べ始めたら、最新版が発売されていることに気づきました!

最新版はこちら!

2021年版旧式
価格(税込)
※2021年7月時点のAmazonより
3,280円2,980円
容量300ml250ml
電源USB充電式単3電池×3本
防水性能IPX5
(お風呂もOK!)
IPX3
その他の特徴壁掛けOK
ノズルと手の距離で吐出量変更
スマイルランプが10秒点灯

サイズ感やUmimileのデザイン性はそのままに、Amazonのレビューを見て色々改良してくれたとしか思えない進化には脱帽です。

我が家の機器はまだまだ使えるのですが、早速買い替えたい衝動と戦っているところです。

ボトルが不透明に

デザインを見てお気づきの方もいるかもしれませんが、ボトル部分が透明ではなくなり、中身が見えなくなりました。

残量が確認できる窓はついているので、不便にならずにデザイン性だけが改良されてますますスタイリッシュですよね。

吐出量の調整が簡単に

私が使っている旧式のUmimileソープディスペンサーは電源ボタンの長押しで出てくる泡の量を調整できるのですが、最新版はノズルから手の距離で泡の量が調整できてしまいます。

子供はノズルの近くに手を差し出せば少し、大人は遠めに手を差し出せばたくさん出てくるので、泡が無駄になることなくその都度調整ができるんです。

小さいお子さんがいるご家庭ではこの機能、かなりいいのではないでしょうか。

最後に~総合的におすすめ度高め

ソープディスペンサーに3,000円は高いのでは?

そう思って購入するのをためらっていましたが、買ってみたらお値段以上の働きをしてくれています。

旧式もすごく気に入って使えていますが、2021年版はさらに期待できる商品に進化していました。

生活防水もパワーアップしているので、漏水から故障するリスクも軽減されたのではないでしょうか。

手洗いが重視されている時期だからこそ、ストレスフリーで使えるものを選びたいですね。

emicomb
主婦でママ。ずぼらでも料理・家事が得意。お裁縫・DIY・おうちパンなど作るの大好き。収納・100均・ネイル・プチプラ美容が得意。関東に住む関西人。
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる