レゴ

未分類

【レゴを雑貨にプチDIY】簡単で量がいらなくて便利なもの5選


息子がハマったのをきっかけに、実は私もレゴが大好きになりました。

大人としては、レゴのデザイン性を生活に取り入れてレゴを楽しみたい!

だったら雑貨にして使えばいいんじゃない?

ネットをみると雑貨として使っている実例がたくさんあるので、私も色々真似してみました。

私と同じくレゴが大好きな人や、もう遊ばなくなったレゴが余っている人はぜひ読んで下さい。

この記事のレゴを作った人

今回は長男に協力してもらいました。

ちょーなん
ちょーなん

10歳は天才(ten歳)が口癖の5年生

見た目は小粒、中身はおじさんのレゴ大好きBOYです。

 

【レゴを使ったDIY】自転車の鍵用キーホルダー

レゴキーホルダー

一番最初にやったレゴ雑貨がこれです。

もう5年以上使っているので私のキーホルダーはすでにボロボロです。

作り方

  1. 電動ドリルなどでレゴの角の部分に斜めに穴を貫通させて開ける
  2. 2重リングを取り付けて鍵をつける
  3. 玄関などに板状のレゴを貼り付けて、家に帰ったら鍵をそこに戻すようにする
ちょーなん
子供十円フリマでいっぱい作って売ったよ

すごい簡単に作れるのに人気!

ママさんからも好評で自分が褒められた感あったわー
えみぃ

サイズは8ポッチを使っていますが、大きすぎてタイヤに絡まることもありません。

我が家では玄関に取り付けたレゴ板に鍵を戻すようにしているので、誰かが戻し忘れるとすぐ気づきます。

紛失も取り間違いもなくなり、鍵の管理が楽になりました。

穴を開けるのが大変!

レゴ

という方はこの↑パーツを探してみてください。

穴の部分に2重リングと鍵をつければ即完成しちゃいますよ。 

【レゴを使ったDIY】レゴペン立て

レゴペン立て

これも筒状にするだけなので簡単です。

シンプルな作りなのに、勉強中鉛筆が迷子にならないので案外便利なんですよね。

塗り絵の時はテーブルの上が色鉛筆塗れになるのを防げます。

100均でもペン立ては買えますが、大好きなレゴが机の上にあれば勉強が捗るんじゃないでしょうか?

ぜひ好きな色で作って見てください。

【レゴを使ったDIY】スマホスタンド

これもすごく簡単な作りなのに役に立つ、スマホスタンドです。

背中の白いレゴの位置を変えると角度が調整できるので、固定した状態で動画を見たり撮ったりできます。

ちょーなん
モンシロチョウの孵化を撮りたくて作ったよ
起きたら虫かごの前にしれーっとセットされてたわ
えみぃ

このスマホスタンドのおかげで孵化の瞬間を撮ることができ、即席で作った割にはすごく役に立ちました。

用が済めばバラして片付ければ邪魔になりませんし、簡単な割に使えるアイテムです。

大きくすればタブレットにも使えますよ。



【レゴを使ったDIY】フォトフレーム

フォトフレームは木製じゃなきゃいけない?

そんなことありませんよ。

レゴで作ると写真がキュートに飾れちゃいます。

ちょーなん
テレビっぽくしてみたよ

構造はこんなふうになっています。

フォトフレーム構造

フレームの部分が3層になって、真ん中の層だけ1行の細いレゴで作られているため、溝にはめ込んで写真を固定することができます。

写真を1枚挟むだけでも撓むことなく安定感がありますが、使ってないフォトフレームのカバーのガラス部分を一緒に挟めば高級がアップします。

レゴのいいところは、好みやインテリアに合わせられるところです。

  • 黒一色にしてレゴなのに大人っぽく
  • 茶色でナチュラルインテリアに
  • 白一色でホワイトインテリアのアクセントに
  • 思いっきりランダムにしてPOPに

好きな色の組み合わせで、お気に入りを作ってみてはいかがでしょうか?

ただ貼るだけのネックレスホルダー

ごちゃごちゃ写真失礼します。

これは洗面所の扉裏に収納している、普段使い用のアクセサリーたちです。

ネックレスって絡まって収納が困りませんか?

私は絡まりやすいチェーン類をミニフィグに持ってもらうことにしました。

ちょーなん
このミニフィグって誰?
君がくれたいらんやつ。

むしろママがお名前をお伺いしたい

えみぃ

壁にブロックをポッチが上になるように貼り付けて、そのブロックに好きなミニフィグをくっつければOK。

あとはミニフィグの首や手に引っ掛けて使っています。

是非お気に入りの可愛いやつで作ってくださいね。
えみぃ

私はあまり頻繁にネックレスをつけないのでミニフィグ一体で足りますが、量が多ければ最初に貼り付けるブロックをもっと長いものにすれば、ミニフィグがたくさんつけられますよ。

レゴを上手に収納するには?

レゴ
レゴの収納をDIYしよう!量に合わせた我が家の収納法3つ

続きを見る

持っている量別に収納方法を3つ紹介しています。

まとめ

「レゴはおもちゃ」

そんな概念なんて吹き飛ばしてくれるアイデアがネットには溢れています。

子供がもう遊ばなくなったレゴや、収納から溢れてしまったレゴで、楽しい生活雑貨を作ってみるのもレゴの一つの使い方です。

難しいテクニックがなくても、量をたくさん使わなくても作れるものをチョイスしてみました。

アイデア次第で色も形も自由に変えられるレゴを、便利なグッズに変身させてみましょう。



-未分類

© 2020 全力女子力 Powered by AFFINGER5